SCENE TODAY

 1974年開店以来多くの仲間達との交流のシーンを振り返りながら、仲間達の今をフォローする音楽情報サイト


伊太地山伝兵衛一周忌LIVE


君がこの世を去って もう一年が経つ。
世の中は何事も無かったように毎日が過ぎて行き、
君の存在した証なんかもう忘れてしまってるようだ。
でもこの私は、今でも君の残してくれた音楽に助けられている。
生きていくのが辛い時、おまえのブルースが無性に聴きたくなる。
おまえの壮絶なまでの生き方を、私の人生と重ね合わせて 奮い立たせている。
伝兵衛会いたいね・・・・おまえの声を聞きたい!

君の「一周忌LIVE」を企画されています。
来る11月9日(日)ブリックブロックに佐山さんを始め君のバンドメンバー達も帰ってきます。
伝兵衛降りてきてくれ!!そして唄ってくれ。おまえの歌を聴きたい!皆な待ってるよ!

[ 追悼 伊太地山伝兵衛 ] 一周忌、伝兵衛を偲ぶライヴ♪
多くの皆様の参加いただき無事終了致しました。有難うございました。

期日: 2014年11月9日(日) 開場 18:00 開演 19:00
料金: 前売り 2,000円  別途1ドリンクチケット500円
出演: 佐山雅弘 (Pf) 石井康二 (B) 成瀬明 (G)



 

伝兵衛 死す!


今から28年前、それまで勤めていた銀行を辞し音楽で生きる覚悟を決め、上京を決意。その頃はロック全盛期、フォークは既に過去のものとなりアコースティックデュオのスタイルなんて時代錯誤と思われていた。
不安いっぱいの門出の時、挨拶に寄ってくれた君に掛けた言葉「なあに時代はまた巡って来るさ!その頃までしぶとく生き延びて行こうよ」今も覚えているよ。
やがてギターの相棒が去り一人になっても君の音楽への情熱は衰えることなく、バンド「伝兵衛商会」となり、次第にジャズ、ブルースの色合いが濃くなって「でんべえサウンド」と呼ばれる独自のスタイルを確立して行く。

それからの活躍はご存知のとおり、全国各地にコアなファンを得て著名なミュージシャンと全国各地で共演し、メジャーデビューも果たす。地元を大事にする君は旅の途中に大分に帰ってはよく遊びに来てくれました。オベイションアダマス一本で歌う「WESが聴こえる」がまた絶品!やはり伝兵衛の原点はブルースなんだ!

しかし、永年の活動の疲れがたまり数年前から体調を壊し、週3日の腎臓透析に通いながらの全国ツアーは次第に君を消耗させていった。それでも歌い続ける君の姿はまるで戦士をも思わせるほど凄くて、その壮絶な生き方と相まって、聴く人に勇気と感動を与えていた。しかし、君の訃報を聞き茫然自失、これから少なくとも10年間円熟期を迎えた君の歌を聴きたかった。もう会えなくなるなんて誠に残念です。
沢山の名曲を残してくれて有り難う。大分のミュージシャンに音楽人として生き方を示してくれて有り難う。長い間お疲れ様でした。 古くからの友人の一人として哀悼の意をささげます。   2013.11.15


 

[ 伊太地山伝兵衛 ] とは

[ 伊太地山伝兵衛公式ホームページ ]

 

 


店頭買取、出張買取、委託販売や下取りもOK!

SINCE 1974 キャリヤが生きる安心のリペアーサービス

PAやドラム・アンプ・シンセ等の楽器レンタルはこちら!

studio afro予約もこちらから